« 対照的 | トップページ | 心は皆、ひとつ。 »

2011年3月24日 (木)

色々な現実



何か明るい話題、楽しい話題を・・・っと考えるものの全く思いつかず。


TV番組も日常に戻ってきたけれど、見る気もしない。
速報が流れるたびに、また地震。。。っと更に気持ちが沈んでしまう。

昨日は複雑な心境になってしまった。


被災地でのペット事情。
一緒に命からがら逃れてきた犬達は、もちろん外で繋がれている状況。
そんな中、犬のケンカや鳴き声がする事にイライラする人もいるという。
ただでさえ震災でストレスを感じているのに、犬のケンカの声など聞くと更にストレスがたまる。。。っと。。。


「はっ」、と考えさせられる内容だった。

確かに、世の中の人、全てが動物を好きだということはないだろう。
現に義理の母もその一人だから。
動物は基本的に嫌いらしい。。。犬はもっと嫌いらしい。。。


動物と暮らしている側からすると、やはり家族。
しかし、それは共に暮らしている自分達だから言えることなんだなぁっと。
正直、複雑で切なくなってしまった。


ストレスだという意見もあれば、
被災している子供達の笑顔の源になっているという、内容もあった。


なんか、
色んなモヤモヤがあって、伝えられなくて申し訳ないです。



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
東北ガンバレ!!!






213

|

« 対照的 | トップページ | 心は皆、ひとつ。 »

コメント


clover うりさまへ

ワンコ達を暮らしている自分達には 当たり前のことでも暮らしたことのない方や苦手な方にとっては、当たり前ではないんですよね。
職場にもいますよ。
私が「犬も笑うし、家族と一緒!子供と一緒!」って言ったら、「犬が笑うわけがないし、人間と一緒に見ちゃいけないよぉ~」って言われたことがあります(汗)
自分の価値観を押し付けるわけではなかったのですが、大人気なくムキになっちゃいました(苦笑)

自分にとっては花・風は子供ですので、一番に守ると思います。

投稿: 花・風の母 | 2011年3月26日 (土) 13:51


clover バロンママさまへ

犬や猫、動物たちに対する偏見は多いと思います。
犬を飼っていて同じ気持ちを持っている人って100人いる中の20人位が現実ではないでしょうか。
これも厳しい現実ですね。
鹿児島に関しては施設も少ないですからね。。。


投稿: 花・風の母 | 2011年3月25日 (金) 12:59


clover らんらんさまへ

それぞれの生命、色々な形で残って欲しいと強く願います。

この現実から私たちも目を背けたらいけないし、受け入れないといけないんです。。。

ニッポン、頑張れ!!!


投稿: 花・風の母 | 2011年3月25日 (金) 12:56

読んでいて「なるほどな~(>_<)」と、考えさせられました。
私もテレビで「避難場所には犬を連れて行けないからここで寝ている」と今にも崩れそうな家にいるおじちゃんのインタビューを見て「なんで連れて行けないの?!」って思っていたけど、そういう人たちもいるんですよね。
きっと人間の食料はどんどん支給されていると思うけどドックフードなんて...まだまだですよね。
飼い主にとっては家族の一人でも・・・難しい問題ですね。

youtubeに地震後、犬が犬を守る映像がありました(>_<)
感動ものでした~(T_T)やっぱり人間も動物も同じって思いたいです!!


投稿: うり | 2011年3月25日 (金) 00:28

確かにそうですよね~誰もがわんにゃんを好きではない
ましてや、飼った事のない人は怖がるので、わんにゃんも怖がる
お互い本当に嫌いではないけど、信頼できないから好きになれないの
ワン好きな人の家、にゃん好きな家、ペットNGの家とすみ分けできれば、
問題ないのに、狭い日本難しい課題なのかな

投稿: バロンママ | 2011年3月24日 (木) 23:33

うちは朝日新聞をとってるんですが、今日のトップ記事は飼い主とはぐれたワンちゃんが津波でなにもなくなった街をさまよっている写真が載っていました。これはとても心が痛みました。途方に暮れ、毛もやつれ、とてもかわいそうな光景でした。
正直、見たくない光景でもありましたが、これが現実ですよね...悲痛です。

投稿: らんらん | 2011年3月24日 (木) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対照的 | トップページ | 心は皆、ひとつ。 »